1450-1460年 マンテーニャ版はタロット or Non-tarot?

推定1450-1460年頃、イタリアのフェラーラで脚光を浴びたことが伝えられている50枚のカードセット。

作画家は、ボルゾ・エステ公爵のフレスコ画を描いたフランチェスコ・デル・コッサの学派の画家か、当時の人道主義者で、レオナルド・エステ侯爵に長く仕えたガリノ・ガリニの一派の作品である可能性なども指摘されてきましたが、近年は有名なベネチアの画家アンドレア・マンテーニャ(1431 -1506年)によって創造されたものであろう説が有力にもなっています。ただやはり50枚すべてがアンドレア・マンテーニャによって描かれたわけでもなく、前出の異なる画家たちとの共作の可能性も論じられています。

一時期アンドレア・マンテーニャ作品であることが否定される傾向にあったのは、大英博物館所蔵のいわゆるコピー作品と混同した人の考察に端を発したものなのでしょう。

マンテーニャ版原版は、イタリア、パヴィアのヴィスコンティ城併設の図書館に保存されていまず。大きさはそれぞれ 縦横200xl45 mmで、青緑色がかったインクの色にも特徴があるもの。イタリアのタロット研究家によれば、このタロットは少なくとも、未知なるルネッサンス・グラフィックという分野の賞賛に値する最も美しい芸術作品の一つであるとのこと。

現在の標準的なタロットとは異なる絵柄構成の50枚の絵札で、タロット外にカテゴリ分けされているカードセットではありますが、タロット史上欠くことのできない重要参考資料です。

ルネッサンス期の版画の見本としても貴重なこのセットは総じて、「版画による宇宙百科事典」であると解説されています。50枚すべてが大アルカナのような寓意画で、タイトルが書かれています。

 

※40番 信仰 忠誠をあらわす犬が足元に描かれている

 

中世の貴族たちが楽しく遊びながら教養を身につけるための学習道具のようでもあり、知識人たちの自己啓発的な読み物に相当するものにも見えます。

タロットマスターズワールドにて全ての絵札をご覧頂けます。

マンテーニャ/Mantegna Tarots (tarot-society.jp)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です